出会い系サイトの登録方法

基本は同じ

どの出会い系サイトも同じような手順が必要

三つの手順が必要


出会い系サイトを利用しようと思ったらまずは登録をしなければ始まりません。

インターネットサービスを利用しようと思ったらどんなサービスも基本的には登録を行う必要があります。

今の時代は運営側も登録しやすいように分かりやすく流れに沿って手順を踏んでいけば登録が完了できるように分かりやすくなっています。

インターネットが主流になっている時代の中で一度は登録をしたことがあるという人もいると思いますが、出会い系サイトならではの登録をしなければいけないものもあります。

それは出会い系サイト規制法案でしっかりと定められているため必ず運営側が設置しているものでもあります。

また大手サイト独自のシステムなどもあって色々と利用者からしてみればこんなことまで登録をしなければいけないのか?って思う部分もあるかもしれません。

インターネットサービスの中でも出会い系サイトは登録すべきことが多いです。

ですのでせっかく利用しようと思ったのに良く分からないということからやめてしまう人もいますが、勿体ありません。

登録は一度きりですからせっかく始めてみようと思ったわけですから慌てずに行うようにしましょう。

登録はスムーズに行えば20分ほどで終わります。いちから順に説明をしていきます。また順番がサイトによっては前後するかもしれませんが、登録すべきことは同じなので前後しても慌てないようにしてください。

メールアドレスの登録

インターネットサービスを利用する上で一度はメールアドレスの登録をした方も多いと思いますので抵抗なく出来ると思います。

ホームページの登録画面に移ると大体簡単なプロフィールの設定(ニックネームや年齢や地域等)が完了したらメールアドレスの入力画面に移ります。

メールアドレスを入力したらすぐに運営側からメッセージが届きます。

中身を開いて青い文字で書かれたURLをクリックしたらメールアドレスの登録は完了になりますので大体5分もかからずに登録が完了できると思います。

しかし、よく起こるトラブルとして多いのがメールアドレスを入力したのに運営側からメッセージが来ないというケースです。

これは大体入力ミスによって起こることがほとんどです。もし20分経っても来なかったらもう一度入力しなおしましょう。何度入力しなおしても問題ありません。

また迷惑メールフォルダに自動振り分けされている可能性もありますので確認をしておきましょう。

メールが運営側から来ない原因のほぼ8割はこの入力ミスと迷惑メールフォルダに自動振り分けされているためです。

他の理由としてはドメイン受信設定を行っている場合がありますのでその場合はやり方がわからなければ携帯ショップに持っていって解除してもらいましょう。

電話番号の登録

出会い系サイト独自のシステムかもしれませんが、メールアドレスの登録が完了したら次に行うのが電話番号の登録です。

登録方法は非常に簡単で表示されている電話番号にかければ自動音声ガイダンスが流れてそのまま登録が完了したので電話をお切りくださいというアナウンスが流れてきます。

電話をかけるだけで済むので登録はすぐ済みます。しかし、初めて利用する人からしてみれば電話番号まで登録しなきゃいけないの?って思いますよね。

悪用されたりしない?とか変なところから電話がかかってきそうと不安に思うかもしれませんが、これはサクラから利用者を守るための対策なんです。

大手サイトが取り入れているシステムであり、これまで大手サイトは悪徳業者のサクラが利用者のフリをして近づいて騙して他のサイトへと誘導させようとしてきました。

大手サイト運営側としても利用者が減るのを避けたいということもあってサイト内で変な書き込みがあったりしたら即削除してアカウントを強制停止を行っていたり対策をしていましたが、メールアドレスだけの登録の場合すぐにアドレスを変更して再び利用できていました。

そのためサクラの数が中々減らなかったのですが、電話番号の登録を行うことによってサクラの数が激減したのです。

電話番号は基本は1台に付き1回線ですから登録のたびに電話番号を変更するというのは面倒ですよね。これによってサクラの数を減らすことが出来ました。

電話番号を悪用などしたら今はプライベート情報の流出にかなり厳しい処罰が下されるので大手サイトはそんなリスクを犯しません。

不安になると思いますが、あくまでも利用者を守るためのシステムですので安心してください。

18歳以上の年齢証明

出会い系サイトは法律で18歳以上でしか利用できないという決まりがあります。出会い系サイトが一大ブームとなって社会現象となった時に未成年者が利用して売春をしていたということが社会問題として挙げられました。

出会い系サイトが問題視されたのは未成年者の多くが利用できてしまったことです。

これによって出会い系サイトはしっかりとした18歳以上という年齢証明が出来ないと利用できないと定められているのです。もしこの年齢証明をせずとも利用できる場合は法律を守っていない悪徳業者でもあるので気をつけましょう。

年齢証明の仕方は主に二つあります。

簡単なほうから説明をするとクレジットカードの登録です。クレジットカードは18歳以上でしか所有することが出来ませんのでクレジットカードでポイントを購入したりすればそのまま証明につながりますよね。

ポイントを購入する時なども非常に便利なのでおすすめはクレジットカードでの登録です。

しかし、クレジットカードを持っていないという人もいます。

そういった人はパスポートや運転免許証といった公的な身分証明書を名前・住所・顔写真を隠した状態で写メに撮ったり、FAXで運営側に送信します。わかるようにして欲しいのが発行元の名前や生年月日、発行元の種類です。

運営側が確認できたらするに利用することが可能です。

この18歳以上の年齢証明が面倒と感じるかもしれませんが、一度きりの登録で済みますので諦めずに行いましょう。これが終われば出会い系サイトの登録は完了となります。

↑ PAGE TOP